小説からわかる…ヒデはピエロなのか?東京喰種:reの秘密

スポンサードリンク

ヒデはピエロなのか?

東京喰種において主人公である金木研の人間だった頃に唯一無二の親友だった永近英良(通称ヒデ)。

彼がピエロの一員なのかというのは私が考えるにそれはないかと思います。

あんていくにおける隻眼の梟掃討戦で亜門との戦いの後に下水道に逃げこんだ金木は親友であるヒデに自分が喰種であることが知られてしまいそうになる、それは幻覚と思おうとする金木に対し「知ってた!」とだけ告げます。

なぜ知っていたのかというと、捜査官補佐になってことで情報を得たと考えるのも自然ではありますが、おそらくかなり初期の段階からヒデは金木が喰種になってしまったことを知っているのではないかと思うシーンがあります。



ヒデは金木の本質を見抜いていた


それはコミックスでいう1巻の西尾錦との戦いの後にヒデを食べようとする金木をトーカの介入によって事なきを得ます。ヒデも意識を失っていたため、あんていくに運ばれ介抱されており眠っているようでした。

しかし、芳村店長と金木の会話のあとの描写では1コマではありますが目を開けています。このときに実は金木は喰種になってしまい人間ではなくなってしまったことを察しているのではないかと思われます。

小説版「日々」の聖書においても、金木が喰種であることを大学内のオカルト研究会のメンバーに疑われた際に、食事を摂っている姿が確認できないのをかばおうとして金木のバックにお菓子を忍ばせ、わざと彼らの前でバックの中身やお菓子を飛び散らせるなどして疑惑を晴らすシーンがあります。それによって、喰種であればお菓子なんか食べない=喰種ではないと思わせ疑いを晴らしました。

小説「日々」のなかでは上京してきたミュージシャンを目指す人間に育てられた喰種・桃池育馬とのやりとりで「ダチが大変そうだから力になりたいんだけど、大したことできなくて。」とこぼしています。

これらの描写からもヒデは金木が後天性の喰種になってしまったことは気付いていたんだと推測されます。

捜査官補佐になった経緯も友である金木の身を案じての行動の結果、アオギリの樹のアジトの情報を匿名でCCGに提供しています。

ヒデは金木が人間であってもそうでない喰種であっても友であるが故に行動していただけです。それなので、私はヒデはピエロではないと思っています。

東京喰種:reではいまだ生死が明らかでないヒデですが、なんらかの形で物語にからんでくると信じています。

そもそもなぜ、行方不明者扱いなのかも気になるところですが、まだまだ多くの謎が散りばめられた展開がいつ明かされていくのか楽しみで仕方ありません。



追記・佐々木に贈られた本は、ヒデの…


佐々木ハイセの家に届けられた眼帯のマスク。

これはウタがおくった物だと推測されますが、それとは別に「吊るしビトのマクガフィン」も届きます。

そこには、「金木研」の名前が…。

実は高槻のサインなのですが、金木自身は「金木」とサインしてもらっています。

109話ですね。

では誰の物か?

ヒデですね。

ヒデはフルネームで高槻に「金木研」と言っています。

ウタのマスクと同時に、ヒデの所有物が佐々木の元に届く…一体、どういうことなのでしょうか?

これにはさすがに、ヒデとピエロの関連性を疑わざるえません。

ヒデがピエロであり、佐々木に贈った…?と考えることも、できますね。


ピエロ、アオギリの関係は…?

高槻はアオギリのエトであり、金木とヒデの関連性にも気付いています。

さらにオークション編では、ピエロが司会をしています。

ということは、アオギリとピエロは敵対関係ではないということが伺えます。

エトとヒデは面識があり、さらにヒデがピエロだとすると…佐々木をどうしたいのでしょうか?

ヒデの行動にはまだ謎が多く、さらに生きているのかどうかすらわかりません。

アオギリに連れ去られて、半喰種になった…という可能性もありますよね。

またわかり次第、更新します。

東京喰種JACKで、有馬の過去が判明、無料で立ち読みできる!
スポンサードリンク

このページの先頭へ