東京喰種タロット考察

スポンサードリンク

東京喰種には様々な暗号が隠されていますが、今回は最も使用されているであろうタロットカードによる暗号の意味合いを、特に気になったものだけを考察して行きます。



まずはウタがオークション編でつけていた服の模様の、「19太陽 THE SUN」の正位置です。

太陽の正位置の意味合いは、「幸福。無邪気。勇気。行動。何か楽しげな状況」と言った明るい意味合いが多い。

ウタ本人の胸のタトゥーにも太陽が描かれており、まさにピタリなカードと言えますね。

そして、ピエロは楽しいことをしたいという集団なので、そこにも当てはまってます。



六月を診断していた芝先生のPCには、「1魔術師 THE MAGICIAN」の逆位置です。

これは芝先生を表しているというよりは、六月を表していると考えるべきでしょう。

魔術師の逆位置の意味合いとして、「空回り。消極性。神経質。チャンスを逃す」と言うマイナスな意味合いです。

六月は赫子を出せず、役に経ちたいのに役に立てない存在として消極的ですし、頑張ってもなかなか報われない部分も見られます。

後々、六月は赫子を出せるようになったので、今は魔術師の逆位置に相応しくないでしょうね。



東京喰種最終巻のカネキが目玉を失くししてなくなっているシーンでは、「12吊るされた男 THE HANGED MAN」の逆位置が書いてあります。

このシーンからも察することが出来ますが、「無駄に終わる努力。苦労が報われない。どうにもならない」と悲観的な意味合いしかありません。

喰種と人間の架橋になろうとしたのは無駄な努力で終わり、あんていくを守るという苦労も報われず終わった。

有馬相手ではどうにもならなかった。

ばっちりと、このシーンに当てはまりますね。



同じく最終巻で、イトリの零したワインには、「6 恋人 THE LOVERS」の正位置が書いてあります。

「選択。統合。変化。共鳴。恋愛。決意」などの意味があるのですが、これはとある選択を迫られて、恋愛をやめる決意をしたとも考えられます。

イトリがかつて恋愛と言うか、恋人関係だったのはウタ。

元々同じ区で一緒に活動していましたし、リーダーであるウタにイトリが惚れていても不思議はないですね。



四区を離れ、ピエロとしてやって行くと決めた際に、恋愛感情とは決別することを決めたという事でしょう。

今、二人がどういう感情を持っているのかは分かりませんが、どこかにまだ恋愛感情が残っているのかも知れません。

他にもいろんなタロットの暗号があるので、別の機会に考察しようと思います。

東京喰種JACKで、有馬の過去が判明、無料で立ち読みできる!
スポンサードリンク

このページの先頭へ