東京喰種10巻感想

スポンサードリンク

まずはCCGサイドの話からで、「ラビット」と言う喰種が捜査官を何人も襲撃していると言う噂が飛び込んできました。

ラビットと言えば、トーカがウサギマスクで捜査官を襲撃した事で、呼ばれるようになって呼称でした。

ですのでトーカのことなのか?と一瞬思いましたが、今のトーカはそんな力試し的な事で捜査官を襲わないでしょうし、カネキにも受験頑張ってと言われたますしね。

その予想は当たって、「黒ラビット」である事から、亜門の追っているラビットではないのが分かりました。

黒ラビットはどう考えてもアヤトだよな。

実はトーカ想いのアヤトだし、トーカに注意が向かないように暴れてるのかも?



そして、篠原さんの推理で、リゼがなくなっていることと、カネキに移植されていると言う事が判明しました。

そして、「カネキは俺の親友です」とのヒデの告白もあって、眼帯の喰種=カネキに結びつきつつありますね。

亜門は人間として扱うか、喰種として扱うかを迷いましたが、被害が出ている以上は喰種として処理せざる負えないでしょう。

でも、亜門が特別な想いをカネキに抱いているのは、カネキに取ってもいい方向につながるのかも知れません。



カネキたちはというと、田口看護師を誘拐しようとしましたが、見た目ヤンキー面な喰種の乱入でバトル展開に。

その喰種は先の喰種収容所の事件で逃走したSレート喰種「ナキ」で、SSレート喰種「鯱」もそこに居ました。

鯱はリゼと同じ名を持っているので、リゼへの手がかりになるかもとカネキは思いましたが、その強さを前に手も足も出ない状況。

鯱はこれまで出てきた喰種の中でもトップクラスで、特等一人では勝てないレベルな気がします。



田口看護師は攫われてしまったので、カネキたちはマダムAから情報を得るために拉致して、嘉納屋敷へと潜入。

Rc細胞壁と言う再生力の化物的な壁を進んだ先には、ナシロとクロナの姿があって、カネキは月山に任せて先に行っちゃいました。

月山でも勝てるレベルの相手だと判断したのでしょうね。

事実、二人相手に優勢に立ち回っていましたしね。

更にここにはナキやエト、亜門やアキラもやって来て、もう大混戦状態でどうなることやらな感じだ。



一方のカネキはまたもや鯱と遭遇して、善戦するものの壁の奥に吹っ飛ばされてしまいます。

しかし、そこには目的の嘉納と装置に入れられているリゼの姿。

嘉納はアオギリと手を組むことに決めたようで、鯱に連れられてどっかにいっちゃいました。

嘉納はアオギリで何がしたいんでしょうね?その内、自らを喰種に改造とかやっちゃいそうだ。



リゼはと言うと四方が救出したのでひと安心だが、カネキは嘉納の言われたことやリゼの事で頭が混乱状態に。

篠原特等が到着した時には、赫者となりムカデ見たいな赫子のカネキが佇んでいるところで終わります。

篠原特等が警戒するぐらいだから、とんでもない強さになってるんだろうね。

アラタはなんか強くなって出てきた?様ですが、カネキの攻撃には耐えられない気がしてきます。

篠原特等がなくなって、亜門が激昂なんて展開もあるかも知れません。

⇒11巻ネタバレ

東京喰種JACKで、有馬の過去が判明、無料で立ち読みできる!
スポンサードリンク

このページの先頭へ