東京喰種9巻感想

スポンサードリンク

アオギリの樹との戦いから半年が経った所から始まりました。

以下、9巻の感想です。

まずはCCGの動向はと言うと、アオギリの樹との戦いでの功績が認められた捜査官たちは、軒並み昇進しているようですね。

亜門が一等から上等捜査官になったのは納得とも言えますね。

アオギリの幹部クラスである瓶兄弟を、一人で殲滅してしまったんですから。

亜門の昇進は妥当だとして、ジューゾーは意外な部分もありますね。

二等へと上がるためには、捜査での功績意外にも知識量も大事になってきますからね。

ジューゾーは篠原特等にいろいろ教えてもらったらしいですが、一番の原動力は強力なクインケ欲しさと言えますね。

そして、ジューゾーは頑張った甲斐があって二等捜査官へとなって、ヤモリを使った強力なクインケをゲットした訳です。

「13S’ジェイソン」と言う大鎌のクインケを持つジューゾーは、ジューゾーの性格と相まって物凄く不気味な雰囲気となっていました。

小さいサソリでもかなりの強さでしたし、ジェイソンを手に入れたジューゾーがどれだけ強くなったか楽しみです。



上等へと昇進した亜門ですが、ようやく呉緒以外の相棒を持つことになります。

しかし、この相棒というか部下と言うのが、まさかの呉緒の娘の暁(アキラ)と言うので亜門はこれから大変な事になりそうだな。

このアキラと言うのは結構な美人なのだが、捜査力も毒舌なところも父親譲りで、美人であると言う事が余り気にならなくはなりますね。

その推理力を発揮して、まずは喰種レストランに向かったんだけど、そこはもうカネキに荒らされており、捜査は振り出しとなっちゃいました。

職種レストランを荒らした目的というのは、リゼに繋がる事探すためでもあり、嘉納医師を探すためでもあった訳だけど、ここでまさかのリゼの赫子を持っているナシロとクロナと遭遇してしまった訳ですね。

このナシロとクロナの存在がより嘉納とリゼの繋がりを濃くした訳で、一応は進展があったとも言えます。



そして、カネキたちはリゼと同じ苗字を持つSSレート喰種「鯱」がリーダーをしていたと言う六区に向かって、リゼの情報を集めようとしました。

しかし、嘉納医師を問い詰めるのが一番だと判断して、嘉納が勤めている病院に向かったんですが、カネキの担当の田口と再開するという展開に。

どうも田口は嘉納が何をしているか知っている臭いので、どうにか情報を得ようと準備中というところですね。



そして、嘉納の研究所の場面へと移るワケですが、そこにはナシロがいて、嘉納の事をパパと呼んでいます。

この事からナシロは嘉納が作り出したと言うのが決定的で、リゼも嘉納が持っているんだと確信したのも束の間、すぐにリゼが登場です。

大きな装置に入れられているリゼは、赫包を取り出され、再生したらまた取り出されの繰り返し。

完全に嘉納の実験体となって、好きなようにやられています。

リゼが生きていると言うのはカネキに取って安心材料なのかも知れませんが、果たしてリゼの人格は残っているのかが心配ですね。

10巻のネタバレ

東京喰種JACKで、有馬の過去が判明、無料で立ち読みできる!
スポンサードリンク

このページの先頭へ