東京喰種:re有馬の過去には何があったのか?

スポンサードリンク

東京喰種:reでは有馬貴将を超える捜査官をつくれという目的で佐々木俳世をはじめとするクインクス班が結成されました。

喰種対策局(CCG)の死神の異名をもつ有馬貴将。

彼の過去はどのようなものなのか、東京喰種や東京喰種:reから読み解けることで迫っていきたいと思います。


有馬という異端児の誕生


和修常吉総議長が自ら見出し特例で三等捜査官に就任させたCCGの寵児と過去に触れています。

三等捜査官になって間もない時期というのが東京喰種JACKの頃の有馬でしょう。

当時は誠南高校2年という設定でしたので、16~17歳ですが、1年足らずで階級を一つあげ、と表現されていることから17歳だったと伺えます。

東京喰種でアオギリの樹との戦闘の後の昇任式の鈴屋に対する亜門の心情のような描写から就任間もない高校時代の有馬もAレート以上の喰種を駆逐していたことが予測されます。

有馬のクインケはナルカミやIXAと呼ばれるものですが、ユキムラというものもあります。

JACKの頃はこのユキムラを使用して喰種を駆逐していました。

おそらく、このクインケは平子やのちの佐々木に継承されていったのでしょう。

そして、霧島菫香や絢斗の母を駆逐したのもこの当時です。

本編では直接二人の母親として登場していないものの、四方蓮示の過去が表現された回#112消灯、#70姉妹で推測することができ、名前はヒカリであることが#79新光の指輪に刻まれた名前で知ることができますね。


梟戦でその名前が知れることに


19歳の頃は対梟戦に参加して特等たちのクインケを使用して、梟を退けるという功績を残しています。

19歳の頃は黒髪で、22歳では既に白髪交じり。この3年間については一切作中では触れていません。

おそらくこの3年間になにかあったと考えるのが普通でしょう。

22歳の時点では准特等となっており、平子丈とコンビを組んでいます。

四方蓮示と再開したのがこの当時ですね。

その後は6年間コンビを組んでピエロマスク集団の掃討やモグラ叩きと呼ばれる24区の探索を行っているようです。

その頃から東京喰種や東京喰種:reの主要キャラの鈴屋什造や真戸暁、亜門鋼太郎との巡り会いをしています。

東京喰種の進行する時間で登場するのは29歳。

喰種収容所がアオギリの樹によって襲撃されていた際にはニイヨン(24区)の緊急探索中でした。

以上が今現在に分かる私が思う有馬貴将の過去です。

まだまだ、謎の多い人物で有馬のエピソードは東京喰種:reの今後の展開の楽しみである要因の一つであるといっても過言ではないでしょう。

東京喰種JACKで、有馬の過去が判明、無料で立ち読みできる!
スポンサードリンク

このページの先頭へ