東京喰種3巻感想

スポンサードリンク

あんていくに訪れた笛口リョーコとヒナミの親子でしたが、母のリョーコは真戸呉緒と亜門鋼太郎という捜査官たちにやられてしまった…。

と言うのが2巻でしたが、3巻では、捜査官からヒナミを守ろうと奮闘するトーカの話から始まりました。

カネキはトーカにぼっこぼっこにされながらも訓練を積んでいましたが、カネキの回復力はなかなか高い様で、かなり早く回復を見せていましたね。

やはりリゼの赫子は回復力が凄いということなんでしょうかね?

元々結構強い喰種だったらしいですし、カネキ次第ではかなりのレベルまで行けそうです。



ヒナミを守るという強い意思を持ったトーカは、大胆というか頭がいいというか、なかなか凄い行動を起こしました。

なんと、白鳩の総本山であるCCG喰種対策局へ、情報提供に行くというのです。

これは警視庁本部に犯人が入っていく見たいなもので、一歩間違えたら自分たちが駆逐される可能性が高い行動なんです。



トーカはニセの情報を流してヒナミから捜査の目をそらそうと考えますが、カネキはいつかバレるんじゃなかとヒヤヒヤな心持ち。

なんとか偽情報を流し終わって、ようやく帰れると思ったら、まさかの真戸呉緒が出現といういきなり大ピンチな状況になってしまいます。

Rcゲートという喰種を判別する所にカネキが連れて行かれ、万事休すかと思いきや、何故か反応しなくて助かりました。

反応しなかった理由としては、カネキの中の人間の部分が大きかったということかと思います。

カネキが成長して、喰種としての部分が多くなってしまったら、Rcゲートに反応する気はします。

いくらヒナミを守るためとは言え、こんな作戦は二度とするもんじゃないなと二人は痛感したでしょうね。



そして、真戸呉緒VSトーカ&ヒナミと亜門鋼太郎VSカネキの戦いが幕を開けました。

まずは亜門との戦いですが、クインケのドウジマと言うのは、鬼が持っているような棍棒見たいな奴で、その威力はとんでもなく高かった。

カネキも簡単にぶっ飛ばされてしまいましたが、カネキの力が目覚めたお陰でなんとか勝利です。

亜門に勝利したあとのカネキのセリフが印象的で、涙ながらに亜門へ逃げるように懇願していました。

亜門も他の喰種とは何かが違うと感じ、カネキの願いを聞いてくれました。

亜門も他の捜査官とは何かが違うと、カネキも感じていそうでした。



次は呉緒との戦いでしたが、ヒナミ父母のクインケを使う呉緒に、トーカはやられる一方の展開で、ヒナミの力が目覚めなければなくなっていた所でした。

その後、ヒナミとの戦いに集中していた呉緒の隙を突いて、なんとかトーカは呉緒に勝利を収められましたね。

ヒナミの事を守れて良かったと思えそうですが、呉緒の元で号泣している亜門を見ると、悲しみの方が深く残りました。

人間と喰種、どちらが正しいとは言い難いのが、この世界という訳なんでしょうね・・・。

4巻ネタバレ

東京喰種JACKで、有馬の過去が判明、無料で立ち読みできる!
スポンサードリンク

このページの先頭へ