東京喰種:reでウタの赫子が…

スポンサードリンク

東京喰種:reで屈指の謎キャラであり、作中でも上位の実力を持っているのではないかと噂されているのが、喰種集団ピエロのウタです。

ウタの初登場といえば、カネキの正体がバレないようにマスクを作りに、トーカを伴ってウタの店である「hysy」を訪れたのが最初でした。

よく分からないアシンメトリーな髪型に、何箇所もあるピアスに加え、黒い目に意味深なタトゥー等で見た目のインパクトにカネキもたじろいでいましたね。

カネキである琲世も全く同じ様なリアクションをしていたのには、カネキなんだなと感じさせられもしましたね。

ウタはマスク作りの職人としても有名で、特に喰種のマスクを作るのを得意としています。

マスクはCCGに身バレを防ぐために作られたと言われていますが、今やウタの趣味全開なデザインのマスクが多数登場してます。

今やウタがピエロだと言う印象は強いですが、マスク職人であるという印象もまだ強く残ってますね。

ここまで聞くと、ウタが変人な職人としか聞こえないと思いますが、喰種としての強さは他と比べても郡を抜いていると言っても過言ではない。



ウタはかつて、「あそこは住めるもんじゃない」と言われている1から4区のである4区を取り仕切っていた程の実力者。

現在はピエロとして仲間な四方も、4区を餌場にしており、そこでウタと戦いを繰り広げた事もあります。

四方の強さについては、何度も見られたのでわかると思いますが、ウタの実力は四方以上とも言われています。



ウタの赫子の異常性


ウタの赫子ははっきりと登場してはいないのですが、四方に串刺しにされても再生していた回復力から、鱗赫ではないかと言われてはいます。

しかし、赫子で攻撃したという描写がまだないので、幾段にも力を隠している感じはありますね。

鱗赫だけではなく、もしかしたら全ての赫子を扱える可能性も高く、個人的にはSSSレート級の強さがあるんじゃないかと予想しています。

その強さが垣間見えたシーンは、ウタがノロと戦っていたシーンで、ノロの身体を素手だけで貫通させました。

赫子を使わずとも素手だけでも戦えるウタには、有馬に近い何かを感じましたね。

有馬は傘で喰種を倒したと言う逸話がありますし、強者には武器とか関係ないんでしょう。

東京喰種:reでの戦闘シーンでも、平子相手に有馬マスクで挑発したり、平子の攻撃を軽くあしらいながら手傷を負わせていましたしね。

平子は特等に近い強さはあるので、ウタの強さが計り知れないのは分かります。

どこでウタが本気を出か分かりませんが、その時は衝撃的なシーンになるのは間違いないでしょう。

東京喰種JACKで、有馬の過去が判明、無料で立ち読みできる!
スポンサードリンク

このページの先頭へ