東京喰種:reに隠されたあんていくの意味

スポンサードリンク

東京喰種:reで一番有名な店と言えば、喫茶店あんていくなのは間違いないでしょう。

あんていくはSSSレート喰種「梟」でもある芳村が店長をしており、一話目から登場している事でお馴染みとなっています。

あんていくは他の店と比べても特殊な場所で、喰種と人間が同じ場所でくつろいでいたりします。

人間は喰種たちには気づきませんが、喰種は餌として人間を見ているので危険に思えるかも知れません。



ですがあんていく内での人間を食すのは許されておらず、芳村店長の元絶対的なルールとなっています。

SSSレートに逆らえる喰種なんて、滅多にいませんしね。

あんていくの芳村店長以外の店員といえば、カネキ、トーカ、古間、入見、ロマと全員が強力な喰種です。

並み居る喰種組織と比べても、上位にいるぐらいの喫茶店ですね。



あんていくの意味


さて、あんていくと言う店名が気になる人はいると思います。

アンティークではなくあんていくなのは、何か特別な意味があるようです。

これには諸説あるので、いくつか紹介したいと思います。



一つ目はあんていく=安定区という意味で、喰種も人間も安定して生きていける地域を作ろうという意味。

あんていくのある24区は、一番喰種と人間が共存している地域とも言われ、これは芳村店長がSSSレート喰種であるという事が知れ渡っていて、喰種も好き放題出来ないから安定しているんでしょうね。



二つ目の説は個人的に一番有力だと思っている奴で、よく見つけたなと感心できる説です。

あんていくを英語にするとanteiku。これを逆に読むと、ukietanaとなり、これをばらすと「ウキナ」と「エト」という言葉が作れます。

「ウキナ」と言うのは芳村店長の奥さんで、「エト」と言うのは隻眼の梟でもある、芳村店長の娘です。

芳村店長は家族を大切にしている為に、二人の名前を組み合わせたものを店名にしていても可笑しくはないでしょう。

最初にこれを見つけた人は、相当読み込んでいる人なんでしょうね。他にもいろいろと説はあるのですが、いま紹介した二つが有力かと思われます。

現在のあんていくは前作のラストで描かれていた通り、芳村がエトに捕縛されて、店員もなくなったり行方が不明だったりします。

カネキは琲世として生きており、トーカはreという喫茶店の店員をしています。



これにはトーカが芳村店長の意思を継いでおり、第二のあんていくを作ろうと思っているのかな?と感じました。

トーカは人間との共存を強く意識している喰種ですし、同じ意思を持つ喰種はトーカの元に集いそうです。

コクリアに捕まっているヒナミも、東京喰種:reでトーカと一緒に入れたらいいのにな。

東京喰種JACKで、有馬の過去が判明、無料で立ち読みできる!
スポンサードリンク

このページの先頭へ