【東京喰種:re】瓜江の父親は?

スポンサードリンク

東京喰種:reで初登場した瓜江久生(うりえくき)一等捜査官は、佐々木琲世が指導者(メンター)となっているクインクス班の1人であり班長でもある。

クインクスとは、喰種の力を扱える捜査官の事で、クインケと赫子を駆使して戦闘を行っています。

瓜江は班長という立場にはあるものの、とにかく出世に貪欲な面もあり、一人で手柄を得ようと単独行動を始めてしまう問題児な側面も持っている。

その際にいつも気苦労を背負わされているのが琲世と六月なのだが、ある程度はもう慣れている様子です。



瓜江が頑張る理由は父親


瓜江がどうしてあそこまで出世に貪欲なのか?と言うと、それは瓜江の父親の事が深く関係しています。

瓜江の父親は瓜江よりも階級の高い特等捜査官でしたが、隻眼の梟との戦いで味方を守るために奮闘し、名誉ある殉職をしました。

そんな父親の最後をしった瓜江は、「父親のかたき」という強い想いが芽生えて、隻眼の梟を追う有馬班に入ろうと出世に貪欲になったというワケです。

父親の為にと頑張っている瓜江は悪い奴ではないんですが、やはり和を乱す存在というのは組織には邪魔となってしまうので、出世したいならば人の指示もちゃんと聞かなければ行けないですね。

序盤はそんな出世欲の塊な瓜江でしたが、クインクス班と一緒に任務を共にする度に、仲間の重要さを感じるようになって行き、特に六月にはちゃんとした態度で接する様になりましたね。



そんな瓜江が最も活躍したのは、やはりロゼ編でのアオギリとの戦いでしょう。

前は暴走してしまった赫子の力も、六月や自身の肉体の強化によって制御可能になり、アオギリの少数メンバーの撃退にも成功します。

ここで自分の実力の高さ満足していた瓜江でしたが、直後に見た琲世の戦いを間近で見て圧倒され、それ以降は琲世に教えを乞うになりました。

いままで中の悪かった不和とも、前よりは連携が取れるようにもなって来ており、才子の実力も認め気にかけていたりと、クインクス班の絆は当初よりも何段も強くなっています。

今まで出世のことしか頭に無かった瓜江にも、ようやく人並み以上のコミュニケーションが取れる様になって来て、なんだか瓜江の成長には感動すら出来ますね。

これならば出世も順調に行きそうですし、いつか隻眼の梟との戦いにも参加出来るかも知れませんね。

しかしながら、実力はまだまだSSレートを相手に出来るかどうかという段階なので、しばらくは琲世に鍛えて貰うのがいいでしょうね。

東京喰種JACKで、有馬の過去が判明、無料で立ち読みできる!
スポンサードリンク

このページの先頭へ