東京喰種:re3巻あらすじ※ネタバレ

スポンサードリンク

東京喰種:re3巻あらすじ※ネタバレ

3巻の表紙でもある喰種となった滝澤が、遂にCCG捜査官と対峙することになる。

「滝澤さん?」と捜査官も驚くのも無理はなく、タタラやノロとの戦いで亜門と共になくなったとされていたんですから。

滝澤自体にはCCG捜査官だった頃の記憶は多少あるようですが、純粋な喰種として存在している様子。

そして、滝澤はオウルと言う名の喰種としてCCG捜査官達を簡単に蹴散らしていき、遂には琲世と対峙することになった。

琲世は滝澤と激しい戦いを繰り広げて行くのだが、実力は相手の方が何枚も上手で、琲世は見るも無残にボコボコにされていきます。

この力の差もしょうがない事で、琲世の赫包はリゼのものですが、滝澤の赫包はSSSレート喰種「梟」こと芳村店長のもの。

リゼと芳村店長では、力の差が歴然なのは分かりますよね?


そして、滝澤は止めを刺そうとする訳ですが、ここでまさかの人物の乱入があります。

「ちゃんヒナ」と滝澤が言った通りに、助けに来たのはヒナミでした。

見た目はかなりの美人に育っており、身体的にも大人びているのが見て分かりますね。

ここからはヒナミが成長した力を見せつけて、滝澤を圧倒しているかに思えたのですが、滝澤にはあんまり効いてもいないわ、半赫者には覚醒するわで、どうにもならない強さになっています。


自分をカネキとして見ているヒナミの事を知って、琲世は受け入れなかったカネキの事を受け入れる決意をしたようで、その決意が琲世を覚醒させて滝澤とまともに戦えるまでになる。

カネキを受け入れたら琲世がいなくなってしまうんじゃないかと思った才子の、涙ながらの叫びには琲世への強い愛情を感じました。

ヒナミと琲世が奮闘を見せていたお陰で、有馬率いる0班が登場して、滝澤は有馬には勝てないと逃走を決め込む。

ヒナミは疲れきっており、0班に駆逐されるしか道はない。

「彼女は…僕が追い詰めました。…所有権は僕が頂いてもよろしいですか?」と、有馬に許可を取りヒナミは琲世の所有物になりました。

この琲世の言葉には、自分の中のカネキを受け入れたと言う心境の変化が影響していると思われ、ヒナミを守りたいというカネキの意志も影響しているでしょう。

この戦いの他には、オークション編での決着が着いて、フレーム開放して暴走した瓜江を、女性である事が判明した六月が沈静化させたり、六月がようやく赫子を出せたりしました。



ジューゾーが無双の活躍を見せて、ビッグマダムを駆逐して過去の因縁にケリを付けています。

いろいろな新展開が加速した第3巻でしたが、次巻もまた激しい戦いが待っていそうです。

4巻のあらすじ

東京喰種JACKで、有馬の過去が判明、無料で立ち読みできる!
スポンサードリンク

このページの先頭へ