東京喰種:re2巻あらすじ※ネタバレ

スポンサードリンク

東京喰種:re2巻あらすじ※ネタバレ

2巻ではキャラ紹介も含めて、前巻よりも本格的な捜査が描かれています。

ナッツクラッカーと言う強力な喰種を駆逐する為に、前作でも登場していたビックマダムが運営する人間オークションに六月透や、女装琲世などを使って潜入を試みます。

このオークション会場では、ウタやロマなどのピエロメンバーが商品紹介をしており、俳優の大倉ヨシキを商品として紹介していた。



そして、ビッグマダムと言えばな鈴屋什造も登場したが、二等捜査官から准特等捜査官に出世しています。

髪は白髪から黒髪へと変化しており、失った片足も復活している様子。ジューゾーの活躍は、次巻でお楽しみください。



新キャラとして和集政が登場しましたが、名前から分かる通りに和集局長の息子らしい。

SSSレート駆逐経験がある局長の息子であり、准特等捜査官であることを考えると、かなりの猛者なのが分かりますね。

和集一族は、代々喰種を駆逐してきた家系でもあるとか。



そして、ここでようやくクインクスメンバーの才子が登場します。

本名は米林才子と言い、なりたて三等捜査官らしい。

見た目の特徴としては、だらしなく伸びた髪にやる気のなさそうな眼で、体型は引きこもりらしくポッチャリ気味。

クインクスとしての潜在能力は高そうだが、二巻ではギャグ担当な役割しか担っていない。

一方、美味しいご飯を作ってくれる琲世には異常に懐いている様子で、琲世の言うことはある程度従うようです。



月山習も今作では登場する気配があり、月山家の執事であるカナエが登場。

見た目の印象は、正直キザな感じで性格も悪そうではありますが、実力はかなり高そうな感じもします。



2巻で最も衝撃的だったのは、CCG捜査官として活躍していた滝澤政道が、アオギリの喰種として蘇ったと言う事。

CCG捜査官だった頃の面影は殆どなく、強さに関しても異常なパワーアップを遂げています。

滝澤と共になくなったことが報告されていた亜門鋼太郎も、滝澤と同じく喰種になっている可能性も感じますね。



喰種と言えば、Sレートのナキが再登場しており、同じくSレートのミザや他二人の部下を引き連れていました。

1巻でちょろっと登場したアヤトも出てきており、フロッピーと言う奴が来たら片づけてといてと、仲間に言われています。

1巻ではヒナミと共にいるシーンがありましたが、基本的には単独行動を好んでいるんでしょうね。

3巻では、ビックマダムや滝澤等との激戦が予想されるので、本気のクインクスたちの活躍に注目です。

3巻のあらすじ

東京喰種JACKで、有馬の過去が判明、無料で立ち読みできる!
スポンサードリンク

このページの先頭へ